重要な医学部予備校

中学校の受験の特徴について

医学部受験に医学部予備校は必要

医者として患者を診察するには、国家資格である「医師免許」が必要です。医師免許を取得するには、大学の医学部で専門課程を修了し、医師国家試験に合格しなければなりません。医学部は他の学部と比べても、難易度が高いことで知られています。毎年医学部へ合格者を多数輩出している難関校の生徒でも、学校の勉強だけで合格するのは稀です。合格している大半の生徒が医学部予備校に通っています。医学部合格に特化した授業を進めてくれるので、医学部予備校に通うことが合格の近道です。

バックナンバー

↑PAGE TOP