中学校の進学受験に関して

中学校の受験の特徴について

中学受験は3年かけて挑む

私立の中学校に進学するには受験に合格することが必要です。中学受験の特徴は、小学校で習う勉強ではなく独特の問題形式であり、各中学校いよって問題の傾向が違います。受験するためには専門の塾に行くことが必要になりますが、そこでは3年間のカリキュラムを立てています。大きく分けると1年目には基礎的な問題、2年目には応用問題、発展問題、3年目には希望校に向けた各学校の過去問への取り組みという形です。勉強をして偏差値を上げる、競争に勝つという目標を常に意識しながらの挑戦であり、子どもにとっては過酷ともいえる環境です。保護者は勉強スケジュール、体調面精神面のサポート、塾の送り迎え、予習復習のサポートなど親子二人三脚で入試まで進んでいきます。私立の中学校は独自の教育方針があり、勉強だけでなく様々な能力の向上を目指した人間形成の土台を作るために細やかな教育を行っています。その環境に進学することで自然と勉強する力、コミュケーション能力、様々な経験をすることができるので、年々人気が上がってるのが現状です。また大学まで付属である学校は、高校受験、大学受験が必要のなく進学できるというのがその他の体験や能力向上を目指せることになり人気が高いのです。

バックナンバー

↑PAGE TOP